ゆかた

“ゆかた”は湯帷子(ゆかたびら)の略語となっております。
元々“かたびら”とは、裏をつけない単衣の着物の呼び方です。

素材は現在ではほぼ木綿ですが、昔は麻で作られていました。
木綿が日本で栽培されるようになったあと、
あるいは綿糸が輸入される室町時代以前は、
木綿は貴重品だったといわれています。
(木綿→植物 真綿→絹(蚕))

帷子(かたびら)の中で、入浴に際して着用していたのが湯帷子です。
公卿や貴人は入浴に際し裸になることはせず、
湯帷子を着たままお風呂に入ったといわれています。
(もっとも当時のお風呂は今のサウナの様な蒸し風呂で、直接湯の中に入る水風呂ではなかったので、着たままでもOKと思われます)

又、上がった後の汗取(バスローブ)にもなったとか。
誰も見たことが無いだけに…諸説あります。

柄については、当時は浴室内だけだったので、白地や無地が多かったのですが、江戸時代に入って町風呂、銭湯が普及される様になると、往復に庶民が着用するなど、大きく変化が見られました。
おそらく当時の洒落者が、手拭いを繋ぎ合わせて“ゆかた”をつくり、これ見よがしに着て歩いたことから始まって、今の様な“ゆかた”模様が広まったと言われています。

こういう形で発達して来た“ゆかた”ですから、素足・半巾帯や単衣帯で楽しみたいものです。

只今、弥生着付教室では、夏の浴衣の着付や半巾帯を使って、いなせな洒落結びの「1dayレッスン」もいたしております。

着物の弥生ホームページ↓
kimono-yayoi.com

弥生ネットショップ↓
yayoi841.theshop.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です