クリスチャンインターネット放送

キリスト教・クリスチャン インターネット 放送 、神の御言葉、賛美などをお送りします。

縦線で区切った横メニュー
縦線で区切った横メニュー

CTS Okinawa

イエス・キリストは神様が人となられたお方です。

 

「イエス」というのは、

マリアの子として生まれた人としてのお名前です。

 

「キリスト」というのは

「メシア」と同じ意味で「救世主、救い主」という称号です。

 

人は清さを失い、神から離れてしまいました、神は再びご自分と共に本当の喜びのうちに生きるようにするために、人間の姿となってこの地上に来られました。それがイエスです。

 

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである」(ヨハネの福音書3章16節)

 

そして、一点の罪や汚れも持たないご自分(イエス)が、

全人類に代わってその罰を受けることによって、人類を救うことを決断されたのです。

 

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません」(ヨハネの福音書14章6節)

 

イエスは、極刑である十字架刑を受け死なれました。

この身代わりの死によって、十字架につけられたイエスこそ、自分の神であり救い主と信じるすべての人に、無償で救いを与えられたのです。

 

「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった」 (ヨハネの福音書1章12節)

 

また、イエスは死なれたばかりではなく、復活し天に昇られました。復活によってご自分が永遠に生きて働かれるお方であることを証明されました。

 

今は肉眼でイエス・キリストを見ることはできませんが、

イエス・キリストはご自分を呼び求める人に、変わることなく救いを与えることがおできになるのです。

 

「見よ。わたしは、戸の外にたってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする (ヨハネの黙示録3章20節)

 ミュージックPV ラジオ 広告募集 献金 BLOG お問合せ 会社概要

画像の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます。

Copyright © 2013-2013 CTS okinawa All rights reserved.