PREACH

行動指針  愛による行い○すべてのことを神の愛を持って行う。・コリント人への手紙 第一 13章4~8節愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。愛は決して絶えることがありません。 ○すべてのことをイエス・キリストの名によって行う。・コロサイ人への手紙 3章17節あなたがたのすることは、ことばによると行いによるとを問わず、すべて主イエスの名によってなし、主によって父なる神に感謝しなさい。 ○すべてのことの上に愛を着ける・コロサイ人への手紙 3章13~14節互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。  謙遜の姿勢○深い同情心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けるコロサイ人への手紙 3章12節"それゆえ、神に選ばれた者、聖なる、愛されている者として、あなたがたは深い同情心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。" ・ヤコブの手紙 4章6節しかし、神は、さらに豊かな恵みを与えてくださいます。ですから、こう言われています。「神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。」 ・ピリピ人への手紙 2章3節何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。 ・マタイの福音書 11章29~30節わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」   仕える態度○イエス・キリストのように仕える・マタイの福音書 20章26~28節あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、あなたがたのしもべになりなさい。人の子が来たのが、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためであるのと同じです。」 ・エペソ人への手紙 6章7節人にではなく、主に仕えるように、善意をもって仕えなさい。 ・ピリピ人への手紙 2章7節ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。  ○御霊によって仕える・ガラテヤ人への手紙 5章16~23節私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。なぜなら、肉の願うことは御霊に逆らい、御霊は肉に逆らうからです。この二つは互いに対立していて、そのためあなたがたは、自分のしたいと思うことをすることができないのです。しかし、御霊によって導かれるなら、あなたがたは律法の下にはいません。肉の行いは明白であって、次のようなものです。不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、酩酊、遊興、そういった類のものです。前にもあらかじめ言ったように、私は今もあなたがたにあらかじめ言っておきます。こんなことをしている者たちが神の国を相続することはありません。しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。 ○信仰を働かせて仕える・ルカの福音書 17章5~6節使徒たちは主に言った。「私たちの信仰を増してください。」しかし主は言われた。「もしあなたがたに、からし種ほどの信仰があったなら、この桑の木に、『根こそぎ海の中に植われ』と言えば、言いつけどおりになるのです。 ・ローマ人への手紙 10章17節そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。ローマ人への手紙 14章1節あなたがたは信仰の弱い人を受け入れなさい。その意見をさばいてはいけません。 エペソ人への手紙 6章16節これらすべてのものの上に、信仰の大盾を取りなさい。それによって、悪い者が放つ火矢を、みな消すことができます。 ・ヤコブの手紙 2章26節たましいを離れたからだが、死んだものであるのと同様に、行いのない信仰は、死んでいるのです。 ・ヤコブの手紙 2章22節あなたの見ているとおり、彼の信仰は彼の行いとともに働いたのであり、信仰は行いによって全うされ ・ヘブル人への手紙 12章2節信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。

神の声にいつでも 応答できる神の器

音量にご注意下さい

Fruit ミニストリー チャーチ

3つの柱

1.人をサポート→話(ニーズ)を聴く

2.人材育成→福音を伝える→聖書を土台に神の心を持つ人を育成

3.支援者、協力者派遣→育成された人々が全世界に送り、1~3を展開し地域を神の国にしていく

 

基本理念 Corporate Mission

行動指針 Action Agenda

教会の音響でお悩みの方はこちらまで